2・26事件(1936年2月26日)


 皇道派の陸軍青年将校が起こした戦前最大のクーデター事件。約1400名を率いられた反乱軍は、首相官邸、大臣官邸、警視庁などを襲撃し、永田町一帯を制圧して政府の閣僚や要人たちが次々に殺した。
 この事件の際、高橋是清大蔵大臣、首相経験者の斎藤実内大臣、渡辺錠太郎陸軍教育総監、首相秘書官松尾傳蔵が殺害された。岡田啓介首相も襲撃されたが、首相官邸に襲撃した青年将校が他人を間違えて射殺して引き返したため、奇跡的に無事だった。その他、牧野伸顕内大臣、鈴木貫太郎侍従長も襲われたが、何とか助かった。
 クーデターの首謀者たちは、川島義之陸軍大臣に対し、政府の改革断行と統制派の排除を迫った。川島陸相は、彼らの行動に理解を示す陸軍大臣告示を発し、政府改革を約したが、この弱腰の行動に激怒した昭和天皇は、「あの青年将校らは、私の大切な重臣を殺した凶悪なものたちで反乱軍ではないか」といい、「もしだれも鎮圧する気がないなら私自ら近衛兵を率いて鎮圧する」と断固たる姿勢を示した。これによって、政府も弱腰的態度を改め、反乱軍鎮圧に向かっていった。
 陸軍は同士討ちを避けたかったので、ラジオ放送やアドバルーン、ビラなどをまいて、反乱軍に投稿を呼びかけた。「今からでも遅くない、原隊へ帰れ。抵抗するものは賊軍と見なす。お前たちの両親は悲しんでいるぞ」というラジオ放送は有名。
 結果的に、2・26事件は4日後に鎮圧され、首謀者の青年将校や彼らの行動に影響を与えた思想家北一輝が非公開の軍事裁判で銃殺刑となった。
 この事件の影響は非常に大きく、岡田内閣が責任をとって総辞職し、広田弘毅内閣が成立するが、組閣に当たり軍部が圧力を加え、親軍派を多く閣僚として送り込むことに成功し、さらに陸海軍大臣を現役の大将、中将に限るという陸海軍大臣現役武官制を復活させ、陸海軍が人材を派遣しなければ内閣が組閣できないこととなり、軍部の影響力が一気に強大化していった。
 また、軍部内でも、皇道派関係者が大量に処分され、以後統制派が実権を握っていくようになっていった。

(参考文書)トップ>文書・音声保管庫>2.26事件関係文書


トップ用語辞典>2・26事件