This website is written in Japanese basically. Japanese fonts required to view this site.
−王立図書館内−
since 31.Jan.2000
全232文(2006.4.20現在)

第二次世界大戦資料館にようこそ。


■最新更新■
2012.8.16 「文書・音声保管庫」更新。

オラドゥールの虐殺(1944年6月10日)

破壊された村
写真はwikipediaより転載
 1944年6月10日に、ドイツ占領下のフランス・リムーザン地方リモージュ市の北西約20kmにあるオラドゥール・シュル・グラヌ(Oradour-sur-grane)村で、ナチス武装親衛隊によって起こされた村民虐殺事件。 1944年6月6日、連合軍のノルマンディー上陸作戦の進行に連動する形で、フランス・レジスタンスのドイツ軍に対する妨害活動が盛んになっていた。その中で、参謀本部からノルマンディーへの移動を命じられた武装親衛隊第2装甲師団「ダス・ライヒ」は、この妨害活動に悩まされていた。
 6月10日早朝に、ドイツ人高級将校がオラドゥール村のレジスタンス組織(マキ)にとらえられたようであり、またオラドゥール村の住民のほぼ全てがマキに関係しているというフランス人の密告を受けた。
 SS少佐オットー・ディークマンに率いられた第1連隊「デア・フューラー(総統)」第1大隊120名は、同日オラドゥール村を包囲し、身分証の確認という口実で村民を村中心部の広場に集めた。例外を除いて全ての村人642人は数カ所に分けられ、無惨にも殺害された。虐殺の生存者は、村に兵が現れてすぐに逃げ出した20名ほどの集団を除き、6名のみであった。殺害の後は、徹底的に村の建物を破壊した。
 戦後、シャルル・ド・ゴールフランス大統領は、ナチス占領の残虐さを後世に残すため、オラドゥール村を再建せず、廃墟のまま保存することを決めた。
 ちなみに、オラドゥールの虐殺には第二次世界大戦にドイツに併合されていたフランスのアルザス地方出身の兵(アレマン人)も含まれていた。この兵士たちは1953年に軍事裁判にかけられたが、紆余曲折をへて2月19日、フランス議会において全てのアレマン人を恩赦とする決定がなされ、即座に釈放された。



■目次■
●第二次世界大戦とは?
●太平洋戦争勃発の原因
●略年表 ●兵器博物館
●各国の状況(経済、軍事、外交) ●人名辞典 ●用語辞典
●日本総理大臣一覧(昭和戦前期) ●文書・音声保管庫 ●ジョーク集
●心打たれる実話集 ●各国軍隊階級表 ●名言・迷言・失言集
●素朴な疑問集 ●特別展示室 ●戦跡写真館
●掲示板 ●リンク集(王国図書館内) ●過去のトップ
●日記帳 ●更新履歴 ●参考文献
NEW!!facebookはじめました http://www.facebook.com/royallibrary.ww(別窓で開きます)


なお、ここ(http://royallibrary.sakura.ne.jp/ww2/menu2.html)
は第二次世界大戦資料館トップページではありませんので
http://royallibrary.sakura.ne.jp/ww2/
に入り直して下さい。


→王立図書館に戻る
(留意事項)
 このホームページは、専門家ではない素人が趣味のために作っているので、専門学術的な質問や指摘にはお答えできない場合があります。ただ、情報提供、間違いの指摘などは大歓迎(都合よすぎ)。
 なお、いろんな文献等を参考にして記述していますので、無意識にいわゆる著作権に抵触しているかもしれません。その場合は下記連絡先へご一報下さい。
 また、Javascriptで変わる発言文の中で、かなり過激な表現(特にユダヤ人について)がありますが、これはあくまでも歴史上の人物がこのように言ったという事実を知って欲しいという意図で載せているだけで、思想的にこれらを支持しているわけではありませんのであしからず。
(本HPへのリンクについて)
 本HPはリンクフリーですが、リンクは、(王立図書館)でお願いします。また、「リンク張ったよ」と言う連絡をしていただければ、おって、こちらから相互リンクのお願いをよろこんでさせて頂きます。
 また、相互リンク大歓迎ですので、気楽にお声をかけて下さい。
リンクにあたっての詳細はこちらを参照下さい。
本HPのリンクにあたってのお願い(「管理運営の指針」内)
バナーはこちらをご使用下さい。直リンクでも持ち帰りでもかまいません。


(第二次世界大戦ver. http://royallibrary.sakura.ne.jp/banner_ww2.jpg)


(古代ローマver. http://royallibrary.sakura.ne.jp/banner.jpg)
(「個人情報の保護に関する法律」による個人情報の取り扱いについて)
本HPではアクセス解析をおこなっていますが、これはいたずら防止およびアクセスの傾向(国別、時間帯別など)を見るために設置しているものであり、これ以外の用途で使用することは絶対ありません。


↓連絡先はこちら↓
royallibrary◆infoseek.jp
(上記をコピー&ペーストして、「◆」の部分を「@」に変えてお使い下さい)