大戦間(1919〜1939年)における各国の状況
(経済、軍事、外交)
(2000.3.5 設置)
トップ>大戦間(1919〜1939年)における各国の状況(経済、軍事、外交)
 1918年に4年間続いた第一次世界大戦が終結し、翌年に締結したヴェルサイユ講和条約によって、平和が訪れたかに見えた。しかし、1929年に起こった世界恐慌は、たくさんの国に経済不振をもたらし、ファシズムなどの急進勢力を台頭させることになった。その中でも敗戦国ドイツでは1933年ヒトラー率いる国家社会主義労働者党(ナチス党)が権力を握った。以後ヒトラーは領土拡張政策を行い、ヨーロッパは戦争への道を歩みはじめた。そしてついに、1939年9月1日、第二次世界大戦が勃発するのである。


(西欧) (中欧・東欧) (アジア)
アメリカ
(2007.4.15作成)
エストニア
(2000.5.14作成)
中華民国
準備中
イギリス
(2000.3.5作成)
スウェーデン
準備中
日本
準備中
イタリア
(2000.3.26作成,8.27追加)
ソビエト連邦
(2006.12.25作成)
タイ王国
準備中
オーストリア
(2000.4.9作成)
チェコスロヴァキア
(2000.3.19作成)
-
オランダ
(2000.5.14作成)
ノルウェー
準備中
-
デンマーク
準備中
ハンガリー
(2000.3.19作成)
-
スイス
準備中
フィンランド
準備中
-
スペイン
(2006.12.25作成)
ブルガリア
準備中
-
フランス
(2000.3.5作成)
ポーランド
(2000.3.5作成、4.9追加)
-
ポルトガル
準備中
ユーゴスラヴィア
(2000.3.19作成)
-
ベルギー
準備中
ラトヴィア
(2000.5.14作成)
-
ドイツ
(2000.5.2作成)
リトアニア
(2000.5.14作成)
-
- ルーマニア
(2000.5.2作成)
-


トップ>大戦間(1919〜1939年)における各国の状況(経済、軍事、外交)