爵位について
(20091117作成)
(20100111改装)

●爵位制度の概要

 ヨーロッパの爵位は、一定の行政区域を支配した官職より発祥したものである。すなわち爵位はある家系そのものに対して与えられているのではなく、領地(公爵領、侯爵領、伯爵領など)に対して与えられているのであって、爵位の継承とは言い換えればこうした領地の継承のことである。逆に言えば、その領地さえ所有していれば爵位は保証されると言い換えることが出来る。こうした点において、家系そのものに与えられている日本の爵位とは著しくその意味合いが異なることに注意が必要である。例えばある一つの家が複数の爵位を保持している状況は日本においては考えられないが、ヨーロッパの場合はその爵位の根拠となる領地を保持していることが爵位の保持であるから、ある家が7つも8つも爵位を保持していることは全く珍しくない。こうした複数の爵位を保持する家の場合、もっとも重要な爵位以外を切り離して嫡男以外に分け与えることもある。
 これらの爵位の称号は、貴族の身分的特権の一つである。
 この爵位が廃止されるのは、ドイツでは第一次世界大戦末期のドイツ革命による共和制成立後の1918年に新規の爵位の授与が禁じられ、また相続が禁止されて一代限りとなったが、姓名の一部として名目的な使用だけは許された。
 しかし、オーストリアでは革命による共和制成立により、爵位を用いることはまったく禁止された。

●ドイツ語圏(主にドイツ、オーストリア)の爵位
●イギリスの爵位
●イギリス貴族の呼び方

(参考サイト)
http://harryhp.hp.infoseek.co.jp/kaikyuu2.html
http://www.warbirds.jp/ansq/9/I2000404.html
http://homepage.mac.com/linstedt/linische/imprimis.html

トップ>爵位について